瞳孔記録計(NPi-200)

2021年
【概要】 米国のEND-PANICレジストリ参加施設を対象とした多施設前向き研究、脳損傷患者2208人が対象となり・・・・・
【概要】 米国のEND-PANICレジストリのデータ、2015/10から2018/8に調査機関のNeuro-ICUに入院したICH患者・・・・・

2020年
【概要】 重症患者は神経学的合併症を発症するリスクが高く、脳の自動調節(CAR)の障害は、脳の低灌流を・・・・・
【概要】 NPi値が非痙攣性てんかん重積状態(NCSE)時に変化するかを調査。103人の患者を対象に、右側の・・・・・
【概要】 NPi値が、Cardio-ICUに入院した患者の30日後の死亡率と神経学的転帰に関する独立した予測値となるか・・・・・
【概要】 TBI患者のトリアージにおける自動瞳孔計の潜在的な使用法を36人の患者対象に調査。到着時に緊急・・・・・
【概要】 定量的瞳孔反応が、大脳半球の脳卒中患者の脳浮腫による神経学的悪化を特定するのに役立つかどうかを・・・・・
【概要】 18歳以上のr-CS(難治性心原性ショック)または、r-CA(難治性心停止)により、ECMOを挿入した患者100名・・・・・
【概要】 18歳以上の院外心停止後、ROSC(自己心拍再開)した50名の患者を対象に瞳孔記録計を用い、ROSC後・・・・・

2019年
【概要】 重症患者における瞳孔記録計と脳波背景パターン間に相関関係があるかどうか・・・・・
【概要】 動脈性低血圧は全身麻酔の主な副作用である。 瞳孔光反射の客観的測定が術中低血圧・・・・・
【概要】 瞳孔記録計2機種(Neurolight AlgiscanとNPi-200)の性能を112名の患者対象に比較検討・・・・・
【概要】 神経集中治療における瞳孔計評価のための規範的データの確立された、END-PANICレジストリ・・・・・
【概要】 茶色または暗い茶色の目は、黒い瞳孔と周囲の虹彩のコントラストを区別するのが難しくし・・・・・
【概要】 鞍結節部髄膜腫切除後に視覚障害を起こした事例の症例検討。両側内頚動脈にかかる鞍結節部髄膜腫・・・・・
【概要】 7人の健康なボランティアと7人の重症患者に対し、瞳孔記録計を用いて、明るい環境と暗い環境の・・・・・
【概要】 浸透圧療法は、脳浮腫の医学的管理の重要な要素であり、ニューロインテンシヴィストの最大90%が・・・・・
【概要】 心肺停止後3日目に瞳孔反応がないと転帰不良と予測されるが、自己心拍再開直後・・・・・
【概要】 客観的瞳孔測定によって得られるNPi(神経学的瞳孔指数)の変化とDCI(遅発性脳虚血)・・・・・
【概要】 頭蓋内圧(ICP)の上昇は外傷性脳損傷(TBI)後に頻繁に起こり、異常な瞳孔反応を・・・・・
2018年
【概要】 院外心停止後患者においてROSC(自己心拍再開)するか否かを予測できるか検討・・・・・
【概要】 電気けいれん療法(ECT)における発作と瞳孔反応の関係を調査。ECTを98名の・・・・・
【概要】 神経損傷のある成人患者76名を対象にICU入室72時間以内のICP値と瞳孔記録計の・・・・・
【概要】 悪性脳梗塞患者(78歳、男性)に対するTTM症例報告。MRIにて右近位内頸動脈閉塞を・・・・・
【概要】 全身麻酔後の麻酔後回復室(PACU)における、せん妄の検出と予測のための・・・・・
【概要】 ペンライト法は主観であり信頼できない可能性を示唆。自動瞳孔計NPiを使用する・・・・・
【概要】 神経外傷集中治療室における自動瞳孔計の評価。頭部外傷にて、自動瞳孔計を・・・・・
【概要】 日本発の多施設共同研究。定量的対光反射計測がROSC72時間以内に転帰を予測しうるかを検討・・・・・
【概要】 GCSスコアおよび瞳孔反応は、外傷性脳損傷の重篤度の重要な指標である。これらの指標を・・・・・
【概要】 神経学的瞳孔指数(NPi)および瞳孔収縮速度(CV:mm/s)は、自動瞳孔計を用いて測定される2つの・・・・・
【概要】 動脈瘤性くも膜下出血(aSAH)患者の臨床的重症度および転帰と、神経学的瞳孔指数(NPi)の様々・・・・・
【概要】 成人昏睡状態の心停止後患者を対象に前向き国際多施設共同研究(10施設)を実施。瞳孔測定は、・・・・・
2017年
【概要】 瞳孔反応は中枢神経系機能を評価するために用いられ、定量的瞳孔記録計を使用し測定・・・・・
【概要】 対光反射は神経学的検査の中の標準的な検査のひとつであると考えられている・・・・・
【概要】 神経学的重症患者の瞳孔測定値と頭蓋内圧(ICP)値との相関を調査。76名の患者・・・・・
【概要】 心停止後の侵襲的、非侵襲的ベットサイドモニタリングについてのレビュー・・・・・
【概要】 心停止後の神経学的回復を予測できるか、盲検化した定量的自動瞳孔計の値を・・・・・
【概要】 主要な婦人科手術にて、術中瞳孔測定が、周術期オピオイド使用にどのように・・・・・
2011年~2016年
【概要】 ICP上昇のリスクがある134名の患者対象に、ICPの値とNPi-indexの数値を比較・・・・・
【概要】 頭部外傷(TBI)における、代謝、生理学、循環動態の変化、マイクロダイアリシス・・・・・
【概要】 心停止後の対光反射の有無は予後予測として使用されてきた。心肺蘇生中の対光反射・・・・・
【概要】 瞳孔計の値を79人の健常者群と、自律神経障害の患者群(軽度28人、中等度から・・・・・
【概要】 自動瞳孔計NPi-100を使用し、NPi値、瞳孔径の変化、CT、MRI所見を5人の・・・・・
【概要】 2人の医療従事者に同時に観察された瞳孔測定がどの程度一致したかを調査・・・・・
【概要】 対光反射の有無は心停止蘇生後の予後予測に有用とされている。自動瞳孔計の・・・・・
【概要】 9~17歳の漏斗旨、矯正手術を受けた30人の患者を対象に瞳孔計測を実施、瞳孔径・・・・・
【概要】 ICU入室患者を対象に定量的瞳孔計を使用した瞳孔径評価の実際と、脳神経系専門医・・・・・
【概要】 機械換気下にある頸部壊死性蜂巣炎の患者の包帯交換において適切な鎮痛が・・・・・
【概要】 NPi(神経学的瞳孔指標)を用い瞳孔計の急性脳損傷患者への有用性を検討した文献・・・・・
【概要】 ペンライト計測での検者間の信頼性および、ペンライト評価と瞳孔記録計の・・・・・
【概要】 瞳孔反応の生理学と、赤外線瞳孔測定の確立されている臨床応用を紹介・・・・・
【概要】 定量的瞳孔計NPi‐100(NeurOptics社)について、その意義と実際について解説・・・・・
【概要】 心停止後低体温療法実施下における、転帰予測は困難である。心停止患者・・・・・
【概要】 瞳孔反応の測定意義や生理学的反応、自動瞳孔計について解説。対光反射は・・・・・
【概要】 NPi-100瞳孔記録計(NeurOptics、Inc.)の2つの機械間の信頼性を探究。従来・・・・・
【概要】 200人の健常ボランティアにを自動定量瞳孔計を用いて、多種多様な環境下で・・・・・
【概要】 瞳孔所見を定量的に評価できる瞳孔記録計NPi -100(NeurOptics)が発売され・・・・・
2002年~2010年
【概要】 赤外線瞳孔計を用いて、3人の鉤ヘルニア患者の対光反射・・・・・
【概要】 ICPの上昇とCV(平均収縮速度)の相間について報告した・・・・・
【概要】 ICUに入室している患者を無作為に20人抽出し・・・・・
【概要】 頭蓋内または眼科的病理学的状態のない45名の1~18歳の小児患者を対象に・・・・・
【概要】 NPi-100の臨床有用性を評価した文献をレビュー。機器の・・・・・
【概要】 健康ボランティアの女性20人を対象に、様々な環境光下のもと・・・・・
【概要】 肝臓移植が必要な患者に瞳孔評価を実施。意識のない (肝性脳症Ⅳ)の患者は・・・・・