脳波(aEEG) [ 成人領域 ]

2020年

【概要】 自己心拍再開後、ECPRとTTMを導入したの成人患者22名を対象に、aEEGの背景パターンが6ケ月・・・・・

【概要】 心停止後、低体温療法、正常体温の何れかの治療を受けた67人のEEG100データを使用・・・・・

【概要】 cEEG(30~40時間測定の持続脳波)がrEEG(20分測定の日常脳波)と比較して死亡率の低下に関連・・・・・

【概要】 aEEGに関するトレーニングを受けた5人のICU医師によるaEEG判断と、脳波専門医のEEG判断とを比較・・・・・

【概要】 TTMが実施された170名の患者を対象に、脳波測定を実施し、他の臨床的特徴と組み合わせ・・・・・

【概要】 持続脳波モニタリング(cEEG)は、短期間の断続的なEEG(スポットEEG)と比較して、神経学的転帰に・・・・・

2018年~2019年

【概要】 心停止(CA)後患者160人のうち、分析が可能だった149人の脳波データを用い、背景活動・・・・・

【概要】 ROSC後24時間以内に脳波を測定し、平均パワースペクトルを用いて、3ケ月後の転帰(CPC)を評価・・・・・

【概要】 遅発性脳虚血(DCI)は、くも膜下出血(SAH)の一般的な合併症である。いくつかの小規模な研究では・・・・・

2011年~

【概要】 心停止後低体温療法を実施している患者に、低体温療法開始時と復温開始時にaEEGモニタ・・・・・

【概要】 持続脳波計の使用が増加し、急性神経疾患の患者や、後天性脳症の重症患者において・・・・・

【概要】 ラット心停止モデルにおいて蘇生を実施し、脳波を分類。低体温群と平熱療法群に分類し、神経学的・・・・・

【概要】 てんかんは二次的な脳損傷と関連があるが神経中枢機能への影響は理解されていないとし・・・・・

【概要】 心停止後低体温療法におけるaEEGモニタリングの有用性を紹介。aEEGの概要からパターン・・・・・

【概要】 TTMトライアルの患者の脳波を、ACNSのEEG用語に基づき分類された脳波パターンの予後予測・・・・・

【概要】 三島救命救急センターでaEEGが使用された実際の症例を紹介。PCASだけではなく、くも膜下・・・・・

【概要】 2015年のサーキュレーション誌に発表され、2016年のaEEG関連の学会発表でも非常に多く・・・・・

【概要】 心停止後低体温療法実施患者の予後予測のカットオフタイムをaEEGのノーマルトレース出現・・・・・

【概要】 くも膜下出血(SAH)患者の30?40%に遅発性脳虚血(DCI)が発生し、DCIは障害と死亡に関する・・・・・
【概要】 95名のくも膜下出血患者(SAH)対象に、cEEGのα:アルファ対δ:デルタパワー比(ADR)、相対αパワー変動・・・・・

【概要】 発作は心停止後患者によく見られ、目標体温管理中と復温後に発生する可能性がある。低酸素後発作は・・・・・

【概要】 急性硬膜下血腫患者(aSDH)のてんかん発生率と予測因子を検討し、予防的抗てんかん治療を行うために、・・・・・

【概要】 2013年1月~2017年6月まで、目標体温管理を受けた院外心停止後の昏睡患者を61名を対象とした。カテゴリー1~4・・・・・

2001年~

【概要】 くも膜下出血(SAH)患者34名を対象に、遅発性脳虚血(DCI)を発症した患者と発症しなかった患者の持続脳波・・・・・

【概要】 説明不能な意識状態の低下をきたした患者に持続脳波モニタリングを実施。発作に関する危険因子・・・・・

【概要】 非外傷性の昏睡は予後が悪いと言われているが、非外傷性昏睡にも意識、機能共に回復する・・・・・

【概要】 aEEGが心停止後低体温療法実施患者の、神経学的予後予測ツールとして有用であるか評価・・・・・

【概要】 頭部外傷患者で非痙攣性てんかん発作を発生した患者とそうでない患者のICPと乳酸/ピルビン酸値・・・・・

【概要】 ICHの患者における、非痙攣性てんかん発作の不良な予後への関連性と、不良な予後に関連する脳波・・・・・

【概要】 ICUにおける疾患別の非痙攣性てんかん発作の発生率や、入室から初回てんかん発作検出・・・・・

~2000年

【概要】 動物実験において、てんかん発作を30分継続させた所、脳に不可逆的なダメージが発生したことを・・・・・

【概要】 くも膜下出血の合併症である、血管攣縮の出現と、生脳波、α変動トレンド(NicoletOneモニター搭載・・・・・

【概要】 昏睡状態にあり、明らかな痙攣がない患者に脳波測定を実施。8%の患者に非痙攣性てんかん重積・・・・・