ニコレーワン(aEEG脳波計)使用経験に関して

img_2015nic

(医療従事者向けint(イント)より転載)

 

苫小牧市立病院は、地域周産期母子医療センターとして、未熟児、新生児のために必要な治療・看護を行うNICUを運営しています。

今回は、新生児科医長 大門祐介先生にニコレーワンモニタ(aEEG脳波計)についてお話しを伺いました。

 

苫小牧市立病院 NICU 沿革

2001年9月 地域周産期母子医療センターの認定
2002年6月 新生児特定集中治療室設置
2007年10月 新生児特定集中治療室6床認可
2014年4月 新生児科設置

苫小牧市立病院 ホームページ

http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/hospital/

新生児科 医長 大門 祐介 先生 御略歴

1997年3月 川崎医科大学卒業
1997年5月 川崎医科大学小児科入局、同附属病院小児科勤務
2004年4月 岡山大学小児科入局、岡山赤十字病院小児科勤務
2007年4月 札幌医科大学小児科入局、苫小牧市立病院小児科勤務

 


 

これより先の閲覧は、会員登録が必要です。

会員登録はこちら

※会員の方も閲覧時には、ログインをお願いします。

※ユーザー名とパスワードは[Neuroモニタリング倶楽部]のメールマガジンで配信しています。

※ユーザー名とパスワードがご不明な方はお問合わせよりご連絡お願いいたします。

カテゴリー: 商品情報