脳傷害への観察窓を開く:明らかになる自動定量瞳孔記録計の役割

第45回 日本集中治療医学会学術集会 共催セミナー(2018年)

◇座 長:相引 眞幸 先生(愛媛大学大学院 医学研究科 救急医学教授)

◇演 者:マウロ・オッド先生
(ローザンヌ大学病院(スイス) 集中治療部 教授)

◇講演日:2018年2月22日 第12会場 ホテルニューオータニ 幕張 2Fラピス

▼ スライド・関連情報 ▼

これより先の閲覧は、会員登録が必要です。

会員登録はこちら

※会員の方も閲覧時には、ログインをお願いします。

※ユーザー名とパスワードは[Neuroモニタリング倶楽部]のメールマガジンで配信しています。

※ユーザー名とパスワードがご不明な方はお問合わせよりご連絡お願いいたします。

カテゴリー: 動画, 講演動画・スライドなど