脳波(aEEG) [ 新生児・小児領域 ] 文献・抄録

2005年以前

【概要】 新生児期に頭蓋内出血を発生した児の・・・・・

【概要】 低酸素性脳症を発症した新生児173名に対し、各出生後年齢で分類された背景脳波の・・・・・

【概要】 EEGの単一チャンネル、マルチチャンネル測定と,aEEGの単一チャンネル、マルチチャンネル測定の・・・・・

【概要】 振幅、連続性、頻度、対称性、同調性、睡眠の状態、成熟の異常などの予後予測の重要性が・・・・・

【概要】 新生児脳症の発症直後に正常および異常パターンを定義。aEEGは、EEGとMRIとも比較され・・・・・

【概要】 73人の新生児仮死の児の3時間後、6時間後のaEEGを記録し、aEEGパターンと予後を比較・・・・・

【概要】 早産児の急性期と慢性期脳波の異常を区別することは非常に有用であり、脳傷害のタイミングは、・・・・・

【概要】 妊娠27週未満で生まれた早産児の脳波(EEG)活動の特徴。平均および最大インターバースト・・・・・

【概要】 40人の神経学的リスクを持つ新生児にaEEGの測定を実施し、aEEGが脳機能モニターとして有用で・・・・・

【概要】 重度の新生児仮死後の予後の正確な予測を可能にするパラメータは現在ないと報告されて・・・・・

【概要】 脳波およびaEEGの脳波活動の抑制度合いは大脳内出血の程度と相関するとが、予後予測の評価が・・・・・

【概要】 てんかんは若者の最も一般的な神経障害であり、米国では毎年、15万人の小児が初回発作を・・・・・

【概要】 慢性期脳波異常の種類と、早産児の神経発達成果との関係を検討。慢性期脳波異常は2つの・・・・・

【概要】 5ヶ月から4歳までの脳波の変化、6-9Hzの出現は古典的に優位と言われていた後頭部ではなく・・・・・

【概要】 初期の神経学的検査(アプガースコア)とaEEGが神経学的重症度を評価できるかを検討・・・・・

【概要】 記録連続性、電気的活動における周期的変化の存在、振幅の低下の程度、および帯域幅から・・・・・

【概要】 抗てんかん薬を投与後、50%以上の臨床症状が抑制されたにも関わらず、てんかん発作は・・・・・

【概要】 aEEG初期の背景パターンと、出生後の亜急性期の脳グルコース代謝(CMRgl)の相関を調査。aEEGの・・・・・

【概要】 出生直後に蘇生行為が必要であったが、入院時に神経学的異常は認められなかった新生児・・・・・

【概要】 早産児の白質傷害の早期診断における新生児脳波(EEG)のスペクトルエッジ周波数解析の・・・・・

【概要】 再灌流障害に重点を置いた低酸素虚血性脳症(HIE)の病因を説明。さらに、HIEの検出に・・・・・

【概要】 重症な窒息新生児における、神経学的転帰と、生後72時間の脳波パターンの経過の・・・・・

【概要】 妊娠30週未満の神経学的に正常および臨床的に安定した早産児(GA)における、生後2・・・・・

【概要】 脳室内出血(IVH)は早産児の脳病変の最も一般的な原因であり、そのうち約35%の新生児が・・・・・

【概要】 新生児集中治療室に入院した新生児は、日常的な心電図検査を受けており、呼吸数、心拍数・・・・・

【概要】 新生児仮死における24時間以内の背景活動の推移と転帰評価。生後6時間以内に重度に・・・・・

【概要】 HIEを呈した患者171例で、aEEGの睡眠覚醒サイクリング(SWC)の有無、出現時期、質を・・・・・

【概要】 スペクトル分析の、δ(0.5-3.5Hz),θ(4-7 Hz),α (8-12.5 Hz),β (13-30 Hz) の相対的パワー・・・・・

2006年

【概要】 振幅統合脳波記録(aEEG)は、新生児脳症を有する正期産児の治療において重要な役割を果たし・・・・・

【概要】 振幅統合脳波(aEEG)などのトレンドは、早産および病気の新生児の予後および治療に関連することが・・・・・

【概要】 aEEGの長期記録中にアーティファクトの混入は一般的である。アーチファクトの混入に・・・・・

【概要】 持続脳波モニタリングは、集中治療を必要とする新生児の脳機能や脳活動に関する情報を・・・・・

【概要】 高リスクのバイオマーカー(Apgarスコア、アシドーシス、有核赤血球、および蘇生)が、脳波・・・・・

【概要】 早産児の神経発達の予後予測ツールとして、EEGは有用である可能性がある。定量的脳波・・・・・

【概要】 持続脳波モニタリングは、早産児の臨床関連情報を提供する。脳室内出血および白質傷害の・・・・・

【概要】 持続脳波モニタリングを用いて、重篤な小児の脳波モニタリング(cEEG)を用いて、非痙攣性・・・・・

【概要】 持続的脳波記録は、新生児ケアにおける治療方針決定に有用な情報を提供することが・・・・・

【概要】 新生児無呼吸発作は、脳にダメージを与える。新生児における脳のモニタリングは、・・・・・

【概要】 aEEGは、NICUでますます使用されている脳機能の継続的なモニターである。aEEGモニタ・・・・・

2007年

【概要】 この研究目的は、早産時のaEEGを評価し、特徴づけることである。1回目は24〜30週間・・・・・

【概要】 aEEGで使用されている、単一チャンネル(C3-C4)における新生児発作検出の感度と、・・・・・

【概要】 低酸素性虚血性脳症は、脳性麻痺などの慢性的なハンディキャップ状態をもたらす神経学的・・・・・

2008年~2011年

【概要】 連続ビデオ付きEEGによって検出されたてんかん発作の臨床症状と、経験豊富な新生児・・・・・

【概要】 aEEGの測定方法,新生児の正常なaEEGパターン,異常なaEEGパターン,新生児発作,HIEとaEEG・・・・・

【概要】 従来の限定したチャンネルのcEEGとaEEGを使用して、てんかん発作の検出感度を検討。新生児の・・・・・

【概要】 HIEの児の脳損傷とaEEGパターンの相関を検討。HIEグレードIを有する新生児は、正常・・・・・

【概要】 cEEGモニタリングが容易に利用できない新生児において、aEEGは補完的役割となる・・・・・

【概要】 新生児の研究および臨床使用のための振幅統合脳波記録(aEEG)の使用は過去20年間に・・・・・

【概要】 aEEGは低酸素性虚血性脳症(HIE)の児における神経発達転帰を予測するのに有用で・・・・・

【概要】 新生児発作の正確な診断は非常に重要であるが、臨床症状のみで評価されることが・・・・・

【概要】 低酸素性虚血性脳症後の早期EEGと変化と予後を調査。最も信頼度の高い予後予測・・・・・

【概要】 aEEGは低出生体重児の脳機能モニタリングや発作の検出で使用され、新生児の・・・・・

【概要】 新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)を伴う正期産児における無症候性てんかん発作が、aEEGを・・・・・

【概要】 低酸素性虚血性脳症(HIE)を伴う新生児では、てんかん発作が一般的に生じるが、・・・・・

2012年~

【概要】 脳波測定のチャンネル数を減らし、標準的なデジタルEEGモニタリングを使用して、・・・・・

【概要】 振幅統合脳波記録(aEEG)は、新生児低酸素性虚血性脳症(HIE)の重篤度を決定するのに・・・・・

【概要】 低体温療法を施行した低酸素性虚血性脳症(HIE)の新生児において、振幅積分脳波検査・・・・・

【概要】 低体温治療を受けた低酸素虚血性脳症(HIE)を有する新生児の神経発達予後に対する・・・・・

【概要】 周術期の脳損傷は、心臓手術を受けている乳児には一般的であり、先天性心疾患の・・・・・

【概要】 低体温療法を受けている低酸素性虚血性脳症(HIE)の新生児のてんかん発作と脳損傷の・・・・・

【概要】 低体温療法の前後、中、および中等度/重度の低酸素虚血性脳症を伴う新生児仮死の脳・・・・・

【概要】 cEEGと比較して、aEEGの正確さはまだ十分に確立されていない為、新生児発作の検出に・・・・・

【概要】 低酸素虚血性脳症(HIE)に伴う低体温療法を実施した新生児の予後予測のために、・・・・・