Lowered electroencephalographic spectral edge frequency predicts the presence of cerebral white matter injury in premature infants

Lowered electroencephalographic spectral edge frequency predicts the presence of cerebral white matter injury in premature infants

Inder TE, Buckland L, Williams CE, Spencer C, Gunning MI, Darlow BA, Volpe JJ, Gluckman PD.
2003 ; Pediatrics. 2003 Jan;111(1):27-33.

アブストラクト: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12509550

 

これより先の閲覧は、会員登録が必要です。

会員登録はこちら

※会員の方も閲覧時には、ログインをお願いします。

※ユーザー名とパスワードは[Neuroモニタリング倶楽部]のメールマガジンで配信しています。

※ユーザー名とパスワードがご不明な方はお問合わせよりご連絡お願いいたします。

カテゴリー: 文献・抄録, 新生児・小児領域